電書と悪知恵

ツイートを見逃されない為に出来る3つの工夫


警告――。

 この記事には景虎のイメージが崩れるであろう内容が多く含まれています。
 また、検証が済んでいないデータなども多分に含まれています。
 さらに、このノウハウを学ぶことによって「景虎のような立派な小悪党」になる可能性もあります。
 立派な人が書いた物を読みたい人、良い人間でいたい人、純粋に趣味で創作をしている人は決して読まないでください。

 ただ、「電子書籍やブログなどのコンテンツを思うように見てもらえない」という貴方には少しだけ役に立つ情報があったりするかもしれません。
 そんな、宣伝のノウハウや俺自身が頭の中で温めている電書と悪知恵についてここでは解説していきます。

 どうも。俺だ。景虎だ。
 今回は「ツイートを見逃されないための方法」について語っていくわけだが、キミは「自分がせっかく重要なツイートをしたのに、全く反応されなかった」といった悲しい思いをしたことはないだろうか?
 おそらく、そんな経験をしたことがある人もいるだろう。
 今回はTwitterを宣伝ツールとして使う上で、どのように運用していけば大きな効果が得られるのかについて語っていくこととしよう。

ツイートを見逃される人の問題

 ツイートに対して全く反応がないと嘆いている人の多くは「○○やりましたー!」や「○○ですー。見てね!」とつぶやいて終わりというものすごくもったいないやり方をしていることが多い。そう、正直これでは効果はほとんど無いと言っていいのである。

 それはなぜか?

 TLに流した物は必ずしも見られるとは限らないからである。
 そう、キミがつぶやいたときにTwitterの画面を受け手が開いていて、そのツイートを目にする確率というのは非常に低いのである。
 ではどうすればいいのか?
 それについての悪知恵をここでは解説していこう。

重要なツイートは必ずプロフィールページに固定する

 まず始めに、自分のツイートの中で最も重要な物については、必ず「プロフィールページに固定しておくこと」これが第一条件である。
 TLに流していくものよりも、ここに固定されているものの方がインプレッションが高いからである。
 また、興味を惹くような画像を設定しておくことも、反応を変えていくコツだったりするのである。
 それでは、どのくらいインプレッションが違うのか、俺のブログを例に見てみよう。

固定しなかった場合

koteinasi

 この通り、固定しなかった場合のインプレッションは1205、エンゲージメントは28である。リンクのクリック数もたったの13回と少ない。

 勿論、画像が良くなかったからといったこともあるだろうが、固定せずに流す程度だとこの位が普通である。

固定した場合

kotei

 一方で固定した場合は4049とおおよそ四倍のインプレッションを獲得している。エンゲージメントに関しても129と桁が違ってきているだろう。
 リンクのクリック数もおおよそ四倍まで増加しているのである。勿論画像を変えたことも影響があると考えていいだろう。

 また、固定したものに関しては後からどんどんと伸びていく傾向にあり、その後の活動によっては大きく伸びることもあるのである。

ss+(2016-02-27+at+01.27.01)

 正直エンゲージメントに関してはしょっぱすぎる気もするが、やるかやらないかだけで四倍も変わってくるのであれば、やった方が得だと思わないだろうか?

 

ツイートする時間を考える

 次にツイートを投稿する時間を考えること。これが第二条件だ。
 一般的には20時~23時までの間がゴールデンタイムだと呼ばれており、Twitterを利用する人がもっとも多い時間帯だと言われている。

 多くの人がこの情報を知っており、有益な情報をこの時間帯に送り込むことによってアクセスを伸ばしていたりするのである。

 しかし、キミはもう一歩先へと進んでみよう。

 そう、キミのサイトのアクセス解析やGoogleアナリティクスなどを見て、何か得られる情報があったりはしないだろうか?

 具体的に話すのであれば、自分にとっての読者の行動パターンを把握できるデータはないかということなのである。

 俺の場合は面白いテレビ番組がやっている時間帯のアクセスが少なく、それ以降か、以前のアクセスやインプレッションが高いというデータがあるので、新聞のテレビ欄などを見て、人気の高そうな番組と被らないように大体20:30に重要なツイートを行うことにしていたりする。

 キミも是非アクセス解析やGoogleアナリティクスなどを頼りにそういった行動が予想できそうなデータを探ってみるといいだろう。

 

ツイートの後にはファボを送れ

 そして、最後に、これが最も重要なことなのだが――重要なツイートの後には必ず周りの人間にファボを送ること。

 これが第三条件にして最大の悪知恵である。

 キミはこんな行動をしていたことがないだろうか?

 誰かから自分のツイートがファボされて、その人のプロフィールページを見るといった行動である。
 要は返報性の原理なのだが、TLで見逃されたとしても、このファボを送る方法であれば、まず間違いなく半数の人が自分のツイートについて何らかのアクションを起こしてくれるのである。

 プロフィールページに重要なツイートを固定しておけば、まず間違いなく見てもらえるという訳なのだ。

 そう、自分だけが見て欲しい見て欲しいと思っていても、見られる訳がない。

 自分が見られたければ、まずは他人を見ることが重要なのである。

 無論、ファボを送るだけでもかまわないが、有益なツイートをしている人がいれば、リプライも送り、是非コミュニケーションを深めてみると良いだろう。

 それだけで、自分の宣伝に対する反応がかなり変わってくるのである。

 自分だけがおいしい思いをしようと思っても回らない。

 これはどこの世界でも同じなのである。

 

 

  まとめ

 さて。今回はツイートを見逃されない為に出来る悪知恵について紹介してきた。

 はっきり言って、ファボだけ送りまくって、他人の記事を読んだりしない人間が正しいとはどうにも思えないので、あんまり悪用しないでねと釘を刺しておきたくなってしまう。

 しかし、「まったくと言っていいほどTwitterで反応がない」「私のツイートが息をしていないの!」という人に関しては、チョイ悪になって見るのも時にはいいのかもしれない。

 無論、ファボダケオクル妖怪になっても、そのうち見放されてしまうとは思うので、自分が重要なツイートをした後の時間、または何か記事を投稿してツイートした後の時間は、様々な人のコンテンツを読んで感想を述べてみたり、交流を深める時間に数十分程度あてるというのが最も健全な方法なのだと俺は思っていたりする。

 重ね重ね言っておくが、悪用は厳禁である。

 では、失敬。

 

Twitter攻略まとめ

 

電書と悪知恵│コンテンツを三倍見せる悪知恵
Twitter攻略 はてなブログ攻略 Note攻略 電子書籍攻略

景虎ファンクラブ「天王組」に入ろう!

景虎月報と新刊作品情報、未公開作品やブログやサイトでは書けない有益な情報を配信していくファンクラブを始めたぞ。 もちろんファンクラブ会員限定の小説やエントリなども公開していくつもりだ。 電子書籍で活動していながらメディア運営や執筆で困っているキミ、そして俺のことを応援してくれているキミへ俺は恩返しがしたいと思っている。 少しでも俺に興味を持っているのだとしたら、今すぐ入ってくれ。頻繁にメールを送ったりはしないからな。頼むぞ。 今なら入会費無料! 入会退会の制限無し! FC会員のメールには必ず景虎が直接返信するぞ!


天王組の詳細を見る

景虎をフォローしよう

ファンクラブ始めました!


天王組、景虎ファンクラブ

ブログでは書けないネタはメールで読もう! 月三回会報をメールでお届け!今だけ無料です!