電書と悪知恵

Twitterで狙った相手にリフォローされるコツ


警告――。

 この記事には景虎のイメージが崩れるであろう内容が多く含まれています。
 また、検証が済んでいないデータなども多分に含まれています。
 さらに、このノウハウを学ぶことによって「景虎のような立派な小悪党」になる可能性もあります。
 立派な人が書いた物を読みたい人、良い人間でいたい人、純粋に趣味で創作をしている人は決して読まないでください。

 ただ、「電子書籍やブログなどのコンテンツを思うように見てもらえない」という貴方には少しだけ役に立つ情報があったりするかもしれません。
 そんな、宣伝のノウハウや俺自身が頭の中で温めている電書と悪知恵についてここでは解説していきます。

 どうも。俺だ。景虎だ。
 今回はまるまるについて語っていく。

 

リフォローを貰うのは実際難しい

 のっけから期待を裏切って申し訳ないが、基本的に自分がフォローされたい相手にフォローされるというのは難しいと思った方がいい。
 無論、自分が提供している情報や、つぶやきの内容について自信があるのだとしたら、今から話す方法に挑戦してみてもいいのだとは思うが、まず五割程度は失敗すると思っていた方がいいだろう。

 そもさんリフォローされたいのであれば、精力的に活動していって注目されるというのが王道であるから、今から紹介する方法については小手先かつ邪道なテクニックだと思っておいて欲しい。

 それでは実際に下準備からはじめてみよう。

用意する物は「階級別リスト」

 さて、狙った相手にフォローされるために必要な物をまずは用意しよう。

 具体的にはリストである。

 あらかじめクラスタ別(はてなブログ、電子書籍、小説家になろうなど)にリストを作っていくことになるのだが、そのクラスタの中に階級を作るようにしてみて欲しい。

階級別リストとは?

 具体的には以下のようにリストを作っていく。 これははてなブログのリストの一例だ。

  1. オススメはてなブロガー(俺が「認めた」優良はてなブロガーのリストだ!(えっへん))
  2. はてなブロガー/メディアクリエイター(「お前がメディアクリエイターになるんだよ!」 という名のブロガーリスト。)
  3. ライターズ(何かしら書いている人のリスート!)

 こんな感じだ。

 一番上のリストが一番階級が高く、一番下のリストが汎用的であることがわかったと思う。
 これを用意したら、まずは自分がフォローされたい相手をひとまずはフォローして反応を待とう。

 待つのは大体三日程度がいいと思う。

 リプライやファボを送りつつ三日待ってリフォローされなければ、まずは第一のリストに送る。

 この場合では「ライターズ」という一番汎用性が高く位の低いリストである。

 それに追加して、二日程度待とう。

 無論ファボやリプライなどは定期的に送ってみると良いだろう。

第二のリストに入れて再び通知を送る

 それでも反応が無ければ、第二のリスト「はてなブロガー/メディアクリエイター」に、それでもダメなら「オススメはてなブロガー」へとリスインするという訳である。

 リストに追加するタイミングもなるべくその対象者がつぶやいている時間を把握し、時間を合わせて行うと良いだろう。

 そこまでしてダメだったら……。

 素直に「まだ興味のわく人間じゃ無いんだ」とあきらめるか、「フォローしてください」と言ってみればいいだろう。

 もう、ここまで来ると、なんでそんなに必死になってまで自分のツイートを見せつけたいのかわからなくなってくるが、大概の人は、リストイン三つ目くらいでフォローを返してくれるし、定期的に自分のコンテンツに関して感想をくれる人を無視したりはしないはずなので、何らかの反応を起こしてくれることだろう。

 もしそうされないのであれば、おとなしくあきらめよう。

 ちなみにこの方法でオバマ大統領にフォローされようと思っても絶対無理なのであきらめるように。

なぜリストでリフォローされやすくなるのか?

 なぜ、リストを上手く使うとリフォローされる確率が格段にあがるかというと、いわゆる返報性の原理という奴である。

 フォローされたからリフォローしようか?

 リストインされたからリフォローしようか?

 またリストインされたからリフォローしようか?

 などと数回にわたって返報性の原理を利用できる訳なのである。それならフォローしたりリムーブしたりを繰り返せば良いじゃないかと思うかもしれないが、正直それは迷惑だし、ブロックの可能性が格段に増すのでオススメ出来ないのである。

階級別リストの意味

 また、この階級別のリストを使うことにもちゃんと意味があったりする。

 それは、「自分の中であなたの価値が高まってますよ」と相手にアピール出来るということである。
 もちろん複数回相手に通知を飛ばすと言うことが一番肝心要の悪知恵なのだけれど、この「価値が上がっていってますよ」とアピールするのもある意味では効果があったりするのである。

 たとえばはてなブログを一例にして平坦なリストを作ってみると

  1. はてなブロガー/メディアクリエイター
  2. はてなブログまとめ
  3. はてなブログで書いている人

 このようなリストになってしまうだろう。これだと何度もリストインする意味合いが薄れてしまうのである。

 「ああ、何度もリストインしてくれているのは、この人の中で自分の価値が高まっているのだな」と思わせるのが、今回の悪知恵のキモなのである。

 

まとめ

 さて。今回はTwitterでリフォローを上手く貰う為の悪知恵について紹介してきた。

 正直な話まともに活動するか、話しかけるかした方が手っ取り早いのだと思うのだが、特に後者に関しては人見知りの俺にとってはかなり難題だったりするのである。

 キミもひょっとすると、人見知り過ぎて上手くリプライを送れないけれどリフォローされたいと思っている人がいたりしないだろうか?

 そんな人がいたとしたら、是非このリストを活用する方法を試して、アタックしてみて頂きたいと思っている。

 重ね重ね言っておくが、悪用は厳禁である。

 では、失敬。

Twitter攻略まとめ

電書と悪知恵│コンテンツを三倍見せる悪知恵
Twitter攻略 はてなブログ攻略 Note攻略 電子書籍攻略

景虎ファンクラブ「天王組」に入ろう!

景虎月報と新刊作品情報、未公開作品やブログやサイトでは書けない有益な情報を配信していくファンクラブを始めたぞ。 もちろんファンクラブ会員限定の小説やエントリなども公開していくつもりだ。 電子書籍で活動していながらメディア運営や執筆で困っているキミ、そして俺のことを応援してくれているキミへ俺は恩返しがしたいと思っている。 少しでも俺に興味を持っているのだとしたら、今すぐ入ってくれ。頻繁にメールを送ったりはしないからな。頼むぞ。 今なら入会費無料! 入会退会の制限無し! FC会員のメールには必ず景虎が直接返信するぞ!


天王組の詳細を見る

景虎をフォローしよう

ファンクラブ始めました!


天王組、景虎ファンクラブ

ブログでは書けないネタはメールで読もう! 月三回会報をメールでお届け!今だけ無料です!